SEOと機能するWebサイト

時としてSEO には、Webデザインよりも大切なことがあるようです。おしゃれでハイセンスなWebサイトは、誰が見ても素敵なサイトであるために、それ相応の努力が必要であるとは思われますが、実際におしゃれなサイトであっても、商品が「売れる」「売れない」などは、数字的な意味合いでWebサイトのおしゃれなデザインが大きな反響を及ぼすとは言い切れないようです。場合によってはデザインはそこそこであっても、Webサイトさえきちんと機能していれば、十分に商品が売れる Web サイトもあるようなのです。もちろんデザインもおしゃれ、機能もバッチリであるWebサイトが何よりも望ましいとは思われますが、全てをパーフェクトにこなすことは、人間誰しも簡単なことではありませんので、どちらかと言えば、おしゃれでハイセンスな Web デザインであるよりは、ユーザビリティの高いばっちりと機能するWebサイトの方が、 SEO 的には高得点であるのではないかなどと考えてしまうのです。

複雑なホームページ

今日の主流はディレクトリー型ではなくロボット型のしくみを 持った検索エンジンでありますが、その大きな理由の1つが掲載サイト数の絶対的不足です。インターネット上には無数のウェブサイトが存在する上、その数は年々増えている傾向にあります。近年であればブログやソーシャルメディアを通じて大量にページが生成されていき ますので、数百億という規模のページが存在しているはずです。ところで、Google やYahoo! がカバーして いるインデックス (ウェブページのデータベース)は200億前後といわれていますから、機械的に収集するロボット型でさえ、半分もカバーしていないことになります。
この膨大な量のウェブサイトから優良なものを選択し、人間の手だけで集め構築することは不可能です。人間に頼ったウェブサイトの収集には限界があるのです。

②検索が不便
Yahoo! は 1日に1回しか入力されないユニークキーワードは63%にのぼるというデータを出しています。つまり生活インフラの1つとなった検索サービスでユーザーが入力するキーワードは非常にバリエーションが多いことが伺えます。
しかしディレクトリー型検索エンジンが探し出せる対象は、後述するロボット型と比較すると非常に貧弱です。キーワードを入力して検索を実行すると、ディレクトリーに掲載されたウェブサイトの見出しまたは紹介文、あるいはカテゴリー名からキーワードに合致したものを検索結果として表示します。

ユーザー視点が大事

現代は、携帯端末でいつでもどこでも、ほしい情報を得ることが可能です。情報を掲載する側としても、利用者に繰り返し選択してもらえるよう工夫が必要になってきます。

では、具体的にどうしたらいいか?

それを考えるのがSEO(検索エンジン最適化)です。

SEOの基本は、まずユーザーの意図を理解し、ユーザーサイドでコンテンツを作っていくことが大切、ということです。

検索エンジンのシェアNo1のGoogleもそのようなコンテンツを優遇すると公言しています。

例えば、ユーザーがコストパフォーマンスのいいヘッドフォンを購入しようとするとき、まずは

①どこのメーカーのどういう機種があるか探します。

気に入った製品が見つかれば、今度は

②できるだけ安く購入できるサイトを探すでしょう。

納得いけば

③購入の手続きをする、というのが通常の流れではないでしょうか。

この時①では、「ヘッドフォン CPがいい」と検索クエリ(キーワード)を入力し、該当する商品のメーカー、特徴、値段、評価レベルなど一覧でわかるようなコンテンツを用意しているWebサイトが最上位に検索結果で出てくれば、ユーザーはストレスを感じることなく必要な情報を得られる結果となります。

引き続き、②へ進む場合は、検索クエリとして、具体的な機種名を入れ、購入先ごとの値段が入った比較表でもあれば、ユーザーは素早く必要な情報が入手できます。

最後の③はユーザーごとにいつも使っているECサイトへ流れていくでしょう。

このように、ユーザーの意図に合わせたコンテンツを作成しておけば、自ずと検索結果が上位になり、見てもらう機会が増え、またほかの製品購入時でも利用してもらえる、という結果になります。

これが、Googleの求めているユーザーサイドのコンテンツ作成であり、ユーザーもWebサイト作成側も有益なコンテンツとなります。

絶対の手法がないSEO対策

“◎SEO対策には様々な方法があります。
SEO 対策は様々なテクニックやノウハウがあります。それらはいずれも、ホームページのアクセスアップ対策に効果的なものです。ただし、 気を付けておいて欲しいことがあります。 それは、 SEO対策には「絶対」と言える手法はないということです。 Google や Yahoo!など検索エンジンの企業は、多少は検索順位の評価について言及はしていますが、検索順位の明確な判断基準は公開していません。その理由は、評価の仕組みを悪用して「質が高いと見せかけた」ページを出さないためと、競合サイトにまねされるのを防ぐためです。そういうわけでSEO対策のノウハウやテクニックは、検索エンジンを利用してきた多くのユーザーの分析や、サ イト構築の経験が蓄積したものといえます。そのため、SEO対策の効果はある程度実証されているものの、 100% 確実ではないというわけです。 また、より精度の高い検索結果を提供すべく、運営側は検索エンジンの質の改善と進化を日々行っています。その結果、これまで有効だったSEO対策の手法が通用しなくなることもあります。このことは SEOに取り組むうえで、常に覚えておいてほしいことです。”

見出しタグの効果的階層記述

見出しタグh*(*は1~6の数字)は、*の値が小さいほどSEO(検索エンジン最適化)への影響が大きいとされています。なかでも、最初のh1は特に重要で、検索結果で表示されてくるtitleやdescriptionに次いで大切なものとなります。検索結果に表示されるtitleやdescriptionは、検索したユーザーがその表示されている一覧から、最も知りたい情報を提供してくれそうなWebサイトを選ぶ判断材料となるものです。一方h1タグで記述される内容は、ユーザーが選んでクリックしたWebサイトの運営者側で提供しようとするコンテンツのテーマを示すものであり、そのことを考えただけでもいかに重要なものであるかお分かり頂けるでしょう。このようなhタグですが、記述に際しては各hタグの配列には留意する必要があります。最初のh1は必須として、該当するWebサイトの重要キーワードを盛り込んだ文章が表示され、以降h2から随時必要なhタグが記述されていきます。通常は多くてもh3~h4程度で留めておき、更に必要な時は一旦h1に戻して、改めてh2から階層を作るのが良いとされています。また、各hタグの後には「<p>・・・</p>」で示される記事を入れていきます。単にh*タグのみだと、見出しがあって記事は無し、という表示となりいかにも不自然さを感じるため気を付けましょう。また、h2以降リスト形式で配下のh*タグを使用しているケースが稀に見受けられます。このような使い方は避けるべきでしょう。その場合は、箇条書きタグ「ol」「li」を使うようにしましょう。例えば、悪い例を先に示します。「<h2>・・・</h2> <p>・・・・・</p> <h3>1.***</h3> <h3>2.***</h3> <h3>3.***</h3>」。正しい形に書き直したのが次の通りです。「<h2>・・・</h2> <p>・・・・・</p> <ol> <li>1.***</li> <li>2.***</li> <li>3.***</li> </ol>」。

圧縮方式

音声のデータや画像などのデータというのは、一般的にデータ容量といったものが大きくなってしまいがちと言えるでしょう。そのため、データ保存や通信などの効率化をするため、可能な限りデータの量を小さくするといった手法が多く見受けらるでしょう。このように、大きなデータを小さくするといった方法を「データ圧縮」と呼んでいます。圧縮の方法としては、あとで元のデータ量と同じ量に復元が可能とされる「可逆圧縮方式」と、復元することの不可能な「不可逆圧縮方式」の2種類があるとされています。JPEGでは、人間の目では検知されにくい高周波成分などを除去するという方法でデータ量を削減しており、これは不可逆圧縮方式と言え、圧縮率の高い自然画像に対しては有効な方法と言えるでしょう。しかし、図版などではJPRGの特徴でもあるノイズ成分といったものが目立ってしまうようで、図版などを圧縮して扱う際にはGIFやPNGといったものを選択すべきと言えるでしょう。データの内容や、使用する目的に合わせた圧縮方式を選択できることが望ましいと言えるでしょう。近年では、企業や会社が運営するといったもののではなく、一般の方が個人でホームページ作成を行い、ウェブ上にサイトを開設しているということも多く見受けられるようになりました。これは簡易的にウェブサイト政策を行えるといったシステムの普及もあり、もちろんデザイン面などの制約はあるものの、個人のレベルとしては十分に機能するウェブサイトとして、様々な機能も搭載されていると言えるでしょう。また無料制作ブログなどの普及もあり、少しでも他サイトと差別化をつけたいと思うのであれば、このようなデータの圧縮方法なども正しく利用できることが望ましいのではないでしょうか。

すり合わせと対応

WEB制作のプロジェクト案件を提示され、いざホームページ作成を受注した際には、いくつか気をつけておくべきことがあると言えるでしょう。このようなポイントは、制作に着手する前のオリエンテーションの場で、ざっくりであってもできるだけ細かく事柄を理解していくことが重要になると言えるでしょう。発注側の理想の状態というのは外せないポイントと言えるため、そこから現実的な話へと進めていくと良いのではないでしょうか。各項目の理想像を押さえるというのは、実際に制作していく時、目的がブレたり、細かい部分で悩んでしまわないためには大切なことと言えるでしょう。話し合いの段階では、具体的なページがないことがほとんどで、想像力と推量や経験といった点が求められがちですが、ここでどれだけ具体案をつかみ取れるかと言ったことが、現実のタスクとして落とし込めるかどうかを分けることになると言えるでしょう。そのため、できるだけそのWEB制作の「意義」や「最終目的地」を詰めていくことが重要と言えるでしょう。進め方などは経験にもよるとは思いますが、どのような現場であっても対応できるよう、日頃からたくさんの案件を見聞きしておくことが柔軟な対応へと繋げるヒントになっていくのではないでしょうか。もし制作担当者がオリエンテーションに参加できなかったりヒアリングをできないと言った場合には、予め要件についての疑問点を書き出し、直接発注者と話すことのできる人から確認してもらうと言ったことも必要でしょう。企業によっては担当者が一人でないと言った複雑なプロジェクトもあるため、立ち上げの際には、詳細な担当者というものを決めておくことも大切でしょう。また、最初から話を詰めすぎてしまうのは相手へのプレッシャーともなりかねないため、できるだけ柔軟に対応できる準備をして、大枠から責めていくべきと言えるでしょう。

理想のホームページ作成

ホームページというのは、ホームページ作成自体より、更新を続けて「運営していくこと」というところがメインといえ、より有意義で、楽しいと言えるのではないでしょうか。そのため、最初はある程度基本的とも言えるページを作成しておき、軌道に乗ってきたなというところで、より高度な機能などを付け加えていくことにより、新たな楽しみやサプライズを盛り込んでいくと言った運営方法が多くみられているようです。企業や会社などのホームページは業者さんに依頼すると言ったところも多いため、最初から高度なシステムを盛り込んだ立派なものが出来上がるでしょうが、個人的にホームページを開設したり、店舗を構えていたりした場合、最初から高度なページを作り込むよりも、軌道に合わせて成長していくホームページとしていくことが望ましいでしょう。第一に、難しい技術を前に挫折してしまってはもったいないということと、閲覧者の支援する気持ちというものと共に育っていくことで、よりサポートしてくれる閲覧者を獲得しやすいと言った点から、このような運営方法が望ましいと言えるでしょう。文字が動いたりサウンドが流れたりするようなマルチメディア的な要素を後々に盛り込むというのも良いでしょう。このような時に知っておくべきことは、文字より画像、画像より音声と言った順にデータ量が大きくなっていくということでしょう。大きなデータ量のものをむやみにネット上に流すというのはあまり良いとは言えませんが、高速回線の導入やハードウェアの能力の向上が見られる現代では、ホームページにもマルチメディア的な要素が多く見られるようになっているでしょう。また、定型文を利用したフォームを導入し、入力欄やラジオボタン、チェックボックスやドロップダウンリストといったものを設け、閲覧者とのコミュニケーションを図るといった設定も流行しているようです。少しずつサイトをグレードアップしていき、自身の理想とするページを作り上げていく楽しみが運営には散りばめられているのではないでしょうか。

画像解析機能

RPA導入における操作対象を判別する際に使用されている技術のうち、構造解析が通用しないアプリケーションの場合、代わりに利用できる技術として画像解析というものがあるようです。これは、人が目から入手した情報を頼りに画面上の操作を行うのと同様の作業技術を持っていると言えるでしょう。その名称通り、ロボットが画像を見て、操作をするための解析をする技術と言えるでしょう。画像解析を行う際、画面上に表示されている情報をロボットが解読し、その特徴を捉え、どう操作するべきかということを判断する流れになるようです。人の目の働きと同じ認識として捉えて間違いはないようで、対象が特定しやすく、ルールを作成するにも比較的簡単に行えるという点がメリットと言えるのではないでしょうか。構造解析が不可能といった環境でも、ロボット実行が可能なため、構造解析より使用しやすいということも言えるかもしれません。しかし、一方では、画面上に表示されている状態が変わると、正確に認識することができないといった可能性も否定できないのではないでしょうか。いくつかのアプリケーションを起動しているタイミングで、解析対象のウィンドウ以外のウィンドウが画面上に表示されている場合や、OSが勝手に意図しないウィンドウを表示してきた時など、対象となる画面が見えないという状況では使用できないデメリットは上げられるでしょう。アプリケーションが最小化で隠れていたりする場合も同様でしょう。また、画面の解像度によっても動作できない環境というのがあるため、文字が複雑であったり、ドットなどの読み取りにくい記号などのある場合には上手く動作してくれないといったこともあるようです。画像解析を利用しても操作方法やルールが読み取れない場合には、操作対象を座標指定するといった方法もあるようです。しかし、これを利用するにあたっても、ウィンドウのサイズや場所が変わってしまうと使用できなくなってしまう場合があるようで、複数のアプリケーションとの併用などは行わないようにするといった点に注意しておくべきではないでしょうか。

アンテナの重要性

インターネット検索で表示される結果は、検索アルゴリズムによって左右されると考えられています。このカラクリは、昔から常識とも言えることですが、アルゴリズム自体の進化が進んでいるため、目覚しくシステムは変わっているとも言えるのではないでしょうか。一昔前までは、動的URLは検索エンジンが認識しにくいと言われていたり、他にも多く認識され難いデータが存在していると言われていたようです。そのため、SEOではタブーと言われるようなサイト作りをしてしまわないよう注意して制作をしなければならなかったと言われています。近年では、検索エンジンの進化により、タブーを気にしなくてもサイト作成ができるようになったため、制作側もユーザー側もとても快適になっているのではないでしょうか。一昔前では、検索ワードひとつとっても、「シャーペン」と「シャープペンシル」では別の検索結果を表示していたと言います。現在では、若干の文字の違いや、検索ワードの順番を違う順番で入力しても、同じ意味として検索結果が表示されるようになっているでしょう。今後は、自動学習を搭載した機械を導入したアルゴリズムなども発表され、新技術の開発が目覚ましいことが窺えるでしょう。つまり、これからのSEO対策にとっても技術確信が必要不可欠ということも同時に言えるでしょう。検索結果の上位表示といったことだけを目標にしているだけでは、今後のアルゴリズムの進化にはついていけず、充分なSEO対策を行うことが困難になってくると予想されているようです。結果的に、上位表示を叶えるためには、ユーザーが何を求めているのかと言った本質を探り、サイトの環境を整えて行くと言った作業が重要になってくるのではないでしょうか。次々に更新されていく技術と情報を逃さずキャッチするアンテナもSEOには重要なアイテムと言えるでしょう。