圧縮方式

音声のデータや画像などのデータというのは、一般的にデータ容量といったものが大きくなってしまいがちと言えるでしょう。そのため、データ保存や通信などの効率化をするため、可能な限りデータの量を小さくするといった手法が多く見受けらるでしょう。このように、大きなデータを小さくするといった方法を「データ圧縮」と呼んでいます。圧縮の方法としては、あとで元のデータ量と同じ量に復元が可能とされる「可逆圧縮方式」と、復元することの不可能な「不可逆圧縮方式」の2種類があるとされています。JPEGでは、人間の目では検知されにくい高周波成分などを除去するという方法でデータ量を削減しており、これは不可逆圧縮方式と言え、圧縮率の高い自然画像に対しては有効な方法と言えるでしょう。しかし、図版などではJPRGの特徴でもあるノイズ成分といったものが目立ってしまうようで、図版などを圧縮して扱う際にはGIFやPNGといったものを選択すべきと言えるでしょう。データの内容や、使用する目的に合わせた圧縮方式を選択できることが望ましいと言えるでしょう。近年では、企業や会社が運営するといったもののではなく、一般の方が個人でホームページ作成を行い、ウェブ上にサイトを開設しているということも多く見受けられるようになりました。これは簡易的にウェブサイト政策を行えるといったシステムの普及もあり、もちろんデザイン面などの制約はあるものの、個人のレベルとしては十分に機能するウェブサイトとして、様々な機能も搭載されていると言えるでしょう。また無料制作ブログなどの普及もあり、少しでも他サイトと差別化をつけたいと思うのであれば、このようなデータの圧縮方法なども正しく利用できることが望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です