すり合わせと対応

WEB制作のプロジェクト案件を提示され、いざホームページ作成を受注した際には、いくつか気をつけておくべきことがあると言えるでしょう。このようなポイントは、制作に着手する前のオリエンテーションの場で、ざっくりであってもできるだけ細かく事柄を理解していくことが重要になると言えるでしょう。発注側の理想の状態というのは外せないポイントと言えるため、そこから現実的な話へと進めていくと良いのではないでしょうか。各項目の理想像を押さえるというのは、実際に制作していく時、目的がブレたり、細かい部分で悩んでしまわないためには大切なことと言えるでしょう。話し合いの段階では、具体的なページがないことがほとんどで、想像力と推量や経験といった点が求められがちですが、ここでどれだけ具体案をつかみ取れるかと言ったことが、現実のタスクとして落とし込めるかどうかを分けることになると言えるでしょう。そのため、できるだけそのWEB制作の「意義」や「最終目的地」を詰めていくことが重要と言えるでしょう。進め方などは経験にもよるとは思いますが、どのような現場であっても対応できるよう、日頃からたくさんの案件を見聞きしておくことが柔軟な対応へと繋げるヒントになっていくのではないでしょうか。もし制作担当者がオリエンテーションに参加できなかったりヒアリングをできないと言った場合には、予め要件についての疑問点を書き出し、直接発注者と話すことのできる人から確認してもらうと言ったことも必要でしょう。企業によっては担当者が一人でないと言った複雑なプロジェクトもあるため、立ち上げの際には、詳細な担当者というものを決めておくことも大切でしょう。また、最初から話を詰めすぎてしまうのは相手へのプレッシャーともなりかねないため、できるだけ柔軟に対応できる準備をして、大枠から責めていくべきと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です