SEO対策「モバイルフレンドリー」

GoogleのWebサイトの評価基準として、モバイル端末(スマートフォン、タブレットなど)に対応した、サイト運営を重要視するような動きがみられています。このような、モバイル用のサイトとしても機能を果たすWebサイトは、「モバイルフレンドリー」などとも呼ばれています。検索エンジンを利用するユーザーの媒体自体が、スマートフォンがパソコンをすでに上回っているようで、「モバイルフレンドリー」なWebサイトへの運営移行が、ユーザーのニーズを満たす為には必要不可欠と考えられはじめています。Googleの検索機能を利用する、ユーザーたちの利用環境に合わせて、SEO面の対応も変化しなくてはならない事は、ユーザーありきの世界であるがゆえ、致仕方のない事だと思われます。モバイルフレンドリー用に仕上げられたWebサイトの運営を、「モバイルコンテンツ」などと称しますが、実際には、皆さんが運営するサイトのユーザーさんたちが、実際にモバイルユーザーであるのかどうかといった動向の確認作業も必須であります。あくまでも、ユーザー目線でサイト運営を行う重要性を見失ってはいけません。また、モバイル端末から検索を行った検索結果と、パソコンから検索を行った結果の表示順位は異なるようですので、そのあたりの傾向をSEO対策の1つとして調査する事も重要なポイントであります。いずれにせよ、今後の見通しとしては、サイト評価基準の項目に関して、モバイル用のサイトとしての評価基準が高まる傾向にあり、サイト運営側としてはその準備への急ピッチな進行が免れない状況であるという事が、現在におけるSEO対策としての見解であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です